マルチビーム測深器(NORBIT)、AUV、超音波ドップラー式多層流向流速計(ADCP)等の海洋観測機器、測定機器及び部品の輸入販売、保守、サービス、ソフト開発、コンサルティング。

取扱製品一覧

OTTER

OTTER™

Unmanned Surface Vehicle[USV]

Maritime Robotics社製USV(Unmanned Surface Vehicle)『OTTER』は、NORBIT社製マルチビームソナーiWBMSやLiDAR、PingDSP社製インターフェロメトリーソナー3D-SSを搭載し予め作成した航路を自動で航行させる自律航行無人ボートです。

『OTTER』の船体は双胴船タイプのため単胴船タイプより安定して航行させる事が出来ます。NORBIT社製マルチビームソナーiWBMSシリーズは、IMU(慣性計測装置)が一体なため、より安定したデータを取得する事が出来ます。

OTTER

仕様

  • 長さ 200cm、幅 108cm、高さ 106.5cm
  • 重量 80kg(ソナー有り、バッテリー2個時)
  • 最大船速 ソナーなし:6knot ソナーあり:4.5knot
  • WiFi,4G,AIS receiver
  • Dual electrical fixed thrusters
  • 915whリチウムバッテリー2個標準(最大4個搭載可)

アプリケーション

  • マルチビーム測深(PingDSP社3D-SS IF搭載可能)
  • ダム、湖沼、河川、港湾などの調査
  • LiDAR測量
  • ADCP調査
  • 港湾警備

Vehicle Control Station[VCS]

Vehicle Control Station[VCS]は、OTTERを制御するためのコントロールソフトウェアです。画面上でミッション(計画測線)を組んだり計測中のOTTERを監視します。WiFiがつながる範囲であれば、リアルタイムでスワス幅の確認、データの品質、パラメータを確認する事が出来ます。

ミッション作成(計画測線)

ユーザは、VCSにある地図上にOTTERが航走するコースを自由に設定する事が出来ます。マウスのクリックでウェイポイント(WP)を決め複雑な地形でも楽にコースを決められます。 芝刈り型の調整も簡単に設定できます。 また、OTTERが航走中もコースを追加したり、方向を変えたりする事も可能です。

スマートフォン APP操作

OTTERは岸から離したり、ミッション終了後回収地点までスマートフォンを操作してコントロールする事が出来ます。

動力・バッテリー

OTTERは、2つの強力な電気モーターを使用しています。
バッテリーは標準で915whリチウムバッテリー2個が含まれます。
追加で2個、計4個搭載する事が可能です。

駆動時間28hours@1kn
20hours@2kn
9hours@3kn

※with NORBIT iWBMS@80w、4Batteries

分割・運搬

OTTERは右図までは工具なしで分割する事が出来ますが、ワンボックスタイプの車であればそのまま積み込む事が出来ます。

計測までの流れ

運搬

ワンボックスカーであればOTTERを組んだまま搭載し現場まで移動。

前日にバッテリーの充電、ミッションの作成をする事でさらに時間の節約。

動作確認 ~30分程度

OTTERを起動させ、制御用PCとWiFiで接続し動作確認します。

ヘディングアライメント(GAMS) 5~15分程度

予め作成したヘディングアライメント用のミッションを使用すればユーザーは、5~15分程アライメントが終了するのを待つだけ。

計測

アライメント終了後、作成したミッションを開始させます。

データ回収・解析

計測が終了したらOTTERからデータをダウンロードし解析します。

Photo

ページの先頭へ