マルチビーム測深器(NORBIT)、AUV、超音波ドップラー式多層流向流速計(ADCP)等の海洋観測機器、測定機器及び部品の輸入販売、保守、サービス、ソフト開発、コンサルティング。

取扱製品一覧

IONESS

カタログダウンロード

プランクトンネット

IONESSは目的水深層を曳航し環境データを収集しながら、プランクトンを層別に採取する装置です。水中のネットフレームの姿勢、濾水量と水深、水温、塩分等の基本環境データを計測し、アーマードケーブルを通して船上に伝送します。船上ではそれらを時系列グラフ場に表示・記録を行いながら希望する水深層にて最大9枚のネットを切り替え、プランクトンの採取を行います。環境計測センサーは基本となるCTDセンサーの他に、4チャンネルのアナログポートから濁度計、クロロフィルセンサー等を組み込む事ができます。本装置のプランクトンネットの開口面積は1/4㎡から4㎡の5モデルがあります。また、ネットのメッシュはプランクトンを対象とした66~330μのネットと、魚卵や稚魚を対象とした1mm、2mmのネットから選択することができます。

IONESSはアルミ合金を用いたリジット型フレーム構造で、シーステート3の海況にて2.5knotで曳航できます。本機は環境データ、濾水量、ネット姿勢、ネット番号をアーマードケーブルを通して船上に送り、船上のコンピュータ画面にそれらデータを表示します。オペレーターはそれらのデータを参考にしキーボードからネットの開閉命令を水中に送ります。水中でその指令を受信するとねっとりリリース機構を駆動してネットを切り替え、駆動部の回転確認とネットの切り替え確認信号を船上に送ります。

  • データ転送方式 差動電位反転方式
  • データ転送速度 2400Baudもしくは4800Baud
  • データ転送間隔 2データグループ/秒(128Byte)もしくは 4データグループ/秒(64Byte)

ケーブルの伝送状況とIONESSの使用状況により、上記の中から自由に選択が可能です。IONESSの水中部は水中バッテリーで駆動します。バッテリーは充電可能なNi-Cd電池を使用し、連続21時間の観測が行えます。また、操作中に電圧が低下すると船上でそれを知る事ができます。

ページの先頭へ

IONESS構造

観測室

IONESSデッキユニット

アーマードケーブルを通じて送られて来る水中のデータをRS232C信号へ変換します。また、コンピューターから出力される命令を水中(IONESS)へ送ります。
寸法:259mmx230mmx76mm  重量:1kg

IONESS投入前準備

IONESSで採取したプランクトン

ページの先頭へ

環境計測センサー

CTDセンサー

NXIC-CTDは小型省電力のCTDセンサーです。従来の電気伝導度計と違い、磁界が機器内部でしか発生していないため外部の影響が少なく、取り扱いが容易な電磁誘導型を用い、高速で精度良く計測を行います。

アナログ入力ポート

4チャンネルの0~5V 12Bit分解能の入力ポートを持ち、濁度計、クロロフィルセンサーなどの搭載が可能です。

濾水計

タービン式流速計です。甲板ではプロペラが回転しないようにストッパーが組み込まれています。姿勢センサーと合わせ採取ネットを通過した流量の計算に用います。

姿勢センサー

姿採取ネットの網口の垂直軸に対する角度を測定します。
計測範囲:±120° 応答速度:0.01秒

ページの先頭へ

オプションセンサー/Option

クロロフィルセンサー

SeaPoint社製小型省電力のクロロフィルセンサーです。最小検出感度は0.02μg/L

計測範囲 0.02~5μg/L
応答速度 0.1秒
励起光源 470nmLEDx2
受光波長 685nm
出力 0~5V
耐圧 6,000m
寸法 64mmφx13cm
重量 1kg
電源 12VDC

濁度計

SeaPoint社製小型軽量の後方散乱型濁度計です。

測定光源波長 880nm
検出感度/レンジ
Gain 検出感度(mV/FTU) レンジ(FTU)
100x 200 25
20x 20 125
5x 10 500
1x 2 750
出力 0~5V
出力間隔 0.1秒
RMSノイズ 1mV
温度係数 0.05%℃
耐圧 6,000m
寸法 25mmφx120mm
重量 86g
電源 12VDC、3.5mA(平均)/6mA(ピーク)

ページの先頭へ